仙台のコワーキングスペース「ノラヤ」管理人ブログ

仙台市青葉区、地下鉄北四番丁から徒歩8分のコワーキングスペース「ノラヤ」を運営している人の赤裸々なブログ。

「夜の自習室」をはじめました

f:id:sendaiworkspace:20180120171215j:plain

土曜日の夜にオープンする「夜の自習室」をはじめました。

いまのところ(運営者の)都合のつく土曜日の夜にあけるだけなので、月1回。ほんとうはもっと頻度をあげたい。

なぜはじめたか

ノラヤの、平日昼間しか開いてないという営業時間。これ、私が朝型人間で家庭の家事のすべてを背負っているので、このようになってます。しょうがないんです。

でも平日の昼間にコワーキングスペースに来れるのは、本当に限られた人たち。フリーランスか、無職、非正規雇用正規雇用されているけど、リモートワークできるからコワーキングスペースで仕事しましょう、なんていう選択肢はまだ仙台では少ない。

普通に働いていて、ちょっとがんばりたい人には、ノラヤは選ばれないんです。他にも理由はあるでしょうけど、そもそも開いてないから。

職場と自宅の間にあるちょっとした別の場所、そういうのが求められるとしたらやはり時間帯は夜です。しかも20時とかじゃない。22時や23時まで。がんばる人は夜にがんばるのがふつうです。私は寝てしまうけど。

さて、家庭があるので夜はもれなく自宅にいなきゃいけない私だったのですが、息子が高校生になり、ありがたいことに1人でもいろいろできるようになってきました。私と出かけることもなくなったので、私は週末、ぽつんと家で時間があくことが増えました。ならば、と思い、土曜日夜の方が比較的外出しやすいので、ノラヤをあけてみようかなぁという気になってきました。職場と家の間のもうひとつ別の場所、となると平日夜のほうがいいのかもしれませんが、勉強会など開催すると平日より土日のほうが人が来るし、また夜遅くまでがんばるとしたら休前日のほうがいい。そういう判断で土曜日夜にしました。

単なる夜オープンではない

敢えて「自習室」と名前をつけたのは理由があります。

夜オープンだとしたら、いつものノラヤの延長ということになります。酒もOK、おしゃべりもOK、ダメ人間もOK、寝るのもOK。

そりゃ、ビール飲みながらがんばったらノラヤっぽいですよね。よっぱらいおじさんの溜まり場になっても逆に歓迎してしまう。ダメです、ただの酔っ払いの溜まり場は別の日に充分やってる。

夜にがんばりたい人は、お酒もいらないし、喋ったりコミュニケーションもしなくていいし、ダメ人間じゃない!

「ここは真面目な空間です」ということにしたかったのです。

「自習室」のニーズ、あるだろうなと思ってました。仙台の誰でも使える自習室は勉強カフェぐらいしかありません。(以前取材した千弘堂さんは自習室をやめてしまいました)スタバにはパソコンを持った学生さんやサラリーマンがひしめきあってます。コワーキングスペース行けよ!と思うのですが、彼らに出会いやコミュニケーションなんて必要ない、必要なのはただ自分のことに没頭できる空間です。

そういえば北仙台に自習室を作る動きがあったみたいですが、twitterアカウントがあるだけで半年ほど動きがありません。

コワーキングスペースよりも自習室なんだろうなぁ、求められているのは。ああ私にお金があったらもう一つ物件を借りて」などと身の程知らずの考えが頭をよぎったりもしましたが、ふと思ったのでした。

「自習室をやりたい人(私)がノラヤを借りて、自習室をやるということにすればいい」

ノラヤは、「がわ」だけ借りてるのです。だから「夜の自習室」という、別ブランドを名乗ります。利用料金等は同じです。

やってみて

前回は、3人の方が来てくれました。3人というとノラヤでは多い方です。ですので継続してやろうと思いました。

後から気づいたのですが、勉強カフェさんも土曜日は21時で閉まるので、土曜日の22時までオープンというのは競合がいないことになります。

よーしならば23時まで…などとついつい考えてしまいますが、そもそも私が朝方人間、22時にはいつも寝る体制なので、あまり無理はできません。そもそもノラヤの運営は「管理人が倒れない程度」という基本があるので、ほどほどに。

そして前から言われていたし自分でも思うのですが、夜のノラヤはとても雰囲気がいいです。不思議と、夜が似合う場所。

夜の自習室、今度は2/17(土)です。よろしくお願いいたします。

コワーキングスペースは儲かるのか?2018年1月の売上報告

f:id:sendaiworkspace:20180207175020p:plain

もう2月ですね。2017年12月の売り上げは 41,750円でした。

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

1月の売上を報告します。35,000円です。利用者はイベントを含め20人。家賃分も売上がありませんでした。今月も大赤字だひゃっほい。

 

オープン日は10日とちょい少なめでした、まぁ年末年始のおやすみがあったり東京行ったりしたんで。

イベントは1個。16回目のノラヤサイエンスバーがありました。「ゼロからわかるABC予想」ということで、2回目の明松さんに講師をお願いしました。すごくよかったです。面白かったです。楽しかった。管理人が楽しんでていいのかと思いましたが楽しかった。

noraya-sendai.net

 

 そしてもうひとつ、新たなチャレンジとして「夜の自習室」をやってみました。これはまた別のエントリで詳しく書きます。

 

ところで東京に行った目的の1つは、パクチーハウスに行くことでした。パクチーハウスは東京で初めてコワーキングスペースを始めた佐谷さんの経営するパクチー料理のお店で、そのコワーキングスペースPAX Coworking」は、私がコワーキングというものを知るきっかけになった場所でした。その時の感動と衝撃はこちらに書いてます。

sendaiworkspace.hatenablog.com 

12月、佐谷さんはPAX Coworkingとパクチーハウスを3月で閉めることを発表しました。「いつかパクチーハウス行こう!」と思っていたので、急がなければ。ならば、と、新妻さん(一軒家コワーキングスペースHanare ひばりヶ丘」のあるじさん)に声をかけ、パクチーハウスに行く会を企画してもらいました。

楽しかったです。やっぱりコワーキングスペース界隈に集まる人はオープンマインドな人が多い。コワーキングスペースの話やパクチーの話や、いろいろ、初対面の人とも盛り上がりました。そしてもちろんパクチー料理は最高においしかった!

企業運営や大規模系列のでかくておしゃれなコワーキングスペースが次々とできていく中、2012年ごろからコワーキングというキーワードに惹かれていたスペースが、無くなっていきます。

佐谷さんはこれから動き回って、面白いことをしていくのだろうと思います。仙台にも来てくれるかな。

 

一方、先日名古屋のMyCafeが急に大変なことになったというニュースが入ってきました。

headlines.yahoo.co.jp

面識はないのですがユニークなスペースを作っていて気になっていました。初期はこんなイベントもやっていたっけ。
sendaiworkspace.hatenablog.com

 

残念です。

そして、ニュース文中にもありますが「同業他社との競合激化」本当に、これ、うちみたいな弱小だけでなく、多くのスペースがこれから直面する問題。

ああ、どうなるのか。

ため息がでます。赤字だひゃっほいとか言ってる場合ではないです。

ノラヤ的初夢2018

新年、というにはちょっと日が経ちすぎたかもしれませんが、新年なので夢を語ってもいいと思います。

といっても決意表明や目標のような、素晴らしいものではありません。

こうだったらいいなぁ。という、こたつで酒を飲みながら語る、根拠もなにもないようなものです。

1. あと50万欲しい

あと50万あればあと1年は安心してノラヤでいろんなことができるのに。でも、1年持ったところで、収益が回復する見込みもないので、だからなんだという。

 

2. トイレが別にあるところに引っ越したい

ノラヤのトイレは室内にあります。

ここで用を足すのは正直抵抗があるかと思います。ドア1枚しか隔てていないので、一挙一動が全室内に聞こえてしまいます、にぎやかな宴会でもしていなければ。

しかも換気扇がありません。窓はあけようとすると外れるので、閉めっぱなしです。においはこもったまま。

ちゃんとした手洗いもありません。ウオッシュレットもないし暖房便座もありません。それにアパートの配管に問題があって流量をあまり多くすることができません。

トイレ で安心できないというのは、公共の場としてどうよと思います。

3. シャワーが欲しい

シャワーが欲しいです。本音を言うとお風呂が欲しいです。でもシャワーだけでもいいです。

シャワーがあるなら私がノラヤに通勤するときランニングできます。また利用者にしても、夏にシャワー浴びてから宴会に参加できるとしたら、来る人のモチベーションも上がるのではないでしょうか。

仙台では現在、町中の銭湯が1軒だけになってしまいました。あとシャワー浴びるならネカフェしかないですよね。

シャワー、欲しいなぁ。

4. 広い場所に引っ越したい

ノラヤは狭いです。サイエンスバーなどイベントをやるとき、お料理や飲み物を行き渡らせるのにいつも苦労します。充分でないなあと思います。トイレに行ったり写真を取ったりする時も、すいませんすいませんと言いながら動き回っています。ご自由に移動してください、と言っても、とてもじゃないけど自由に動けない狭さです。

せめて、自由に移動できるぐらい、あと周囲に1m余裕があれば。

5. お湯が出る広いキッチンが欲しい

まともなキッチンが欲しいです。キッチンはただの事務所用の流しがあるだけで、真冬でも冷たい水で洗い物をしなければならないです。せめて、お湯が出て欲しい。

食器や調理器具をしまって置く場所もありません。調理スペースもありません。

たこ焼きの会など、切ったり洗ったりするときはものが溢れ、とても不便です。

……でも、もし広くなったら真っ先に、食洗機を買うでしょうね。

6. 夜に強い分身(ただし男)が欲しい

私(管理人)の分身が欲しいです。私は早朝からアルバイトをしているので、朝には強いです。そして夜に弱いです。22時をすぎるともう眠るモードになってしまいます。

また、家に早く帰って家事をしたいので、16:30にはノラヤを閉めなければいけません。普通のお母さんは18時ぐらいまで仕事してどうやって家庭と両立しているのか、不思議でなりません。やっぱ実家サポートがあるんですかね。

夜に強くて、一人でもへんな人がきても怖くないよう、女じゃなく男で、私の分身がいたらいいなぁと思います。そうしたらもっと夜遅くまでノラヤをあけられるのに。

7. 防音ブースが欲しい

Skypeやリモートミーティングなど、私自身もする機会が増えてきました。リモートワークを推進するなら、防音で他人の目を気にしなくて済む場所がないといけないですよね。もっとも今のノラヤは狭いので、まず広いところに移らないと厳しいですが。

 

……さて、ダラダラと書いてみたけど、いくつか実は実現可能なものがあったりしませんかねえ。

ただの夢のいくつかが、来年、実現していますように。

コワーキングスペースは儲かるのか?2017年12月の売上報告

新年、あけましておめでとうございます。本日からノラヤは営業を開始しました。引き続きたくさんの方々の励ましをいただきつつ、ちまちま運営したいと思います。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

毎月恒例の売上報告です。

 

先月の売上は43,800でした。 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

2017年12月の売上は、41,750円でした。

今月は忘年会を兼ねた「12/23(祝)クリスマスビールクズ&チーズづくしの夜」が、盛り上がりました。参加者が10人なんてひさしぶりです。
「◯◯づくし」などの、特定のテーマで複数展開できるネタは興味を惹きやすいのでしょう。今後も模索していきたいところです。

f:id:sendaiworkspace:20171223172615j:plain

 

12月は、新しいコワーキングスペースの情報がまた入ってきました。

www.enspace.work

enspaceは、既存ビジネスをスケールしたい方、新たなビジネスを創出したい方、地域(local)を活性化していきたい方、全国・世界(Global)に活躍を伸ばしたい方、そんな人たちがコラボレーションできるクリエイティブな“空間”(Factory)を提供します。

 ……すごいな……7階建ての建物まるまる、このスペースです。

オープン前の図面を見ますと、ブースが45個(2名:41個、3-4名:4個)、固定デスク32席、フリーデスク100席、 ほかミーティングスペース、会議室、キッチン、シアタールーム、屋上、などなど間違いなく東北最大規模です。

この場所(立地)でこの規模。なにか考えがあるのかもしれません。いずれ、突撃レポートさせていただきますよ。

さて、2018年。目標はもちろん「なんとか継続し5周年を迎える」ことです。それしかないです。

仙台の中心部からちょっとはずれた、4人もいると窮屈になる、この小さな場所で。「なにそれ?」というような、びっくりするような、おかしなことをやっていこうと思います。

来たら笑顔で帰って欲しい

ネットラジオからカズンの「冬のファンタジー」が流れてきます。いよいよ今年もあと半月。

こんばんは、ノラヤ管理人です。

 

このブログは毎年恒例、コワーキングスペース運営者限定Advent Calendar 2017に参加して15日目の記事として書いております。14日目のBase Camp 名古屋水上さんの「2017年、コワーキングスペースのスタッフとして私が考えたこと」からバトンを引き継ぎました。

 

何をネタにしようか悩みましたが、あまり長々と語るのは性に合わないので、ポエムでも書いてみます。

 

今年、ノラヤは、一言で言うと、やばかったです。

利用者とのトラブルにより1ヶ月閉店、それを経ての利用手続きと運営体制の見直し。 

売上の大幅減少。

運営資金はいよいよ尽きそう。

 

私はノラヤに来て一人で一日過ごして、鍵を閉めて帰る。心のどこかで、ああ、トラブルになるようなへんな人が来なくてよかった、と安心している。そんな日ばっかり。

「ノラヤ、多分あと半年持たないです」と、口癖のように語ってました。

どんどんネガティブになります。笑顔の少ない運営者になっていたことでしょう。週3のバイトと趣味のランニングがなければ病んでいたに違いない。

 

先日ですね。とある相談を受けて、やりとりをしていた過程で、気づきました。

「私は、ノラヤに来たら、笑顔で帰って欲しいと思っていたんだなぁ」

楽しかった、面白かった、美味しかった、良かった、安心した。など、ニコニコして帰ってほしかったんですね。

ノラヤをどんな場所にしたいかと聞かれたら、以前から「間違ったことを広める場にはしたくない」とは答えていました。あやしいイベントに場所を提供するコワーキングスペースには無駄だけどいちいちむかついていたし、へんなイベントのための利用申し込みも断ってきました。ストイックでは有り続けたいです。

でも、そこはがんばっていたけど、ノラヤは今、楽しい場所だろうか?みんな笑って帰るだろうか?

イベントの時は、けっこう楽しいと思いました。

でも、オープン〜2年くらいの、かつての勢いに比べたら、楽しさは減ってるんじゃないだろうか。

コワーキングスペースをとりまく状況は、Co-Edoの田中さんが言うように、ハゲしく変わりつつあります。弱小コワーキングスペース運営者は、正直、きついです。生き残これないんじゃないの、と思いたくなります。

そうした中、ノラヤはそもそもがへんなコワーキングスペースなのに、普通のコワーキングスペースとつい比べてしまい、でもなにもできなくて、疲れていたのかもしれません。

だからここらで。多くのコワーキングスペースが利便性や設備、コミュニケーション、創業支援、地域活性化などまっとうな目的を掲げている中。

「笑顔で帰れる」というのを目指してみようか、と思いました。

 

便利とか、世のため人のため地域のために有用とか、そういうの目指しても無理なんだから、しょうがない。

ただ「来たら笑顔で帰って欲しい」。今後はそれを念頭に運営していこうと思いました。しんぷる。いず。べすと。

じゃぁどうしたら笑顔で帰ってもらえるでしょうか。イベントならともかく、ドロップインで?運営者としては、なごむ会話をしたいところですが、それはできる自信がありません。私、愛想良くできない、おっかない人だし。

ささやかな試みとして、月曜日限定ですが、手作りのお菓子をサービスしています。失敗したら提供できないけど。私自身もお菓子作りは好きなので「今週は何を作ろう?」と考えるのが、楽しいです。自分で作るお菓子は、うまいし。

他にもなにか、考えよう。

まずは私が楽しいことを考えます。

 

では、あなたの運営するコワーキングスペースにも笑顔が溢れますように。

 

コワーキングスペース運営者限定アドベントカレンダー2017、次は広島でコワーキングスペースShake Handsを運営する市川さんです。よろしくお願いします!

コワーキングスペースは儲かるのか?2017年11月の売り上げ報告

こんにちは、もう12月です。ノラヤは日陰の物件のため、冬は下から冷えが上がってきて、こたつから出られません。ああ、喫茶ビジュウの2階に引っ越したい。

今月の売上報告です。先月は30,250円でした。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

今月の売上は、43,800です。ああ、なんか、久しぶりに、ほっとできる額。昨年の11月以来の大きい金額です。(5月の出張サイエンスバーのあった月を除く)まぁそんでも赤字なんですけど。

先日のサイエンスバーは、うっかり定員をオーバーして狭い中で開催してしまいましたが、なごやかでとても楽しい会でした。

noraya-sendai.net

おそらく大学や研究機関主催のサイエンスカフェではありえないと思うんですけど、参加者としてこれまでサイエンスバーに来ていた方が、今度は講師役をしてくれるという、そういうことがノラヤではあるんですね。今回のひこさん(門傳さん)もそうだし、気象のサイエンスバーをやってくれた森川さんもそうだし。こういうのほんと嬉しいなぁと思う。参加者と講師の仕切りがほとんどない場だからこそ可能なんですよね。今後もどんどん参加者が講師側になってほしいものです。私もやろうかな。お菓子焼きながらそこで起きている現象を解説、とか?

あと、もう一つ売上に貢献した出来事として「特別月額会員の値上げ」があります。特別月額会員とは、ノラヤに蔵書を置いているうちの弟です。「ノラヤがなくなったら本を置く所がなくなる」ということで値上げに同意してくれました。

 

先月先々月よりは気分が明るいです。昨年に比べるとがたっと売上が落ちているのは相変わらずです。

昨年は、1〜3月は管理人息子が受験生のためイベントを控えていました。だから、これから、昨年の売上を乗り越えるチャンスですね。

 

ところで最近「テレワーク」が盛り上がってますね。「テレワークなんて古い言葉だなぁ」なんて思っていたら、どうやら復活してきたみたい。私は「リモートワーク」の方が好きですけど。

仕事する場所なんて家にないよ、だからリモートワークなんてできないよ。そういう人もいると思います。まさに私がそうです。また、一人で仕事する場所があっても一人だとさぼっちゃうよ、家事をしてしまうよ。そういう人もいると思います。まさに私がそうでした。もしもリモートワークする会社でコワーキングスペース利用料(そして交通費)を経費として負担してくれる流れになったら、働く人も嬉しいしコワーキングスペース運営者も嬉しいし、いいことずくめなんだけどなぁ。

WORKMILL創刊号「コワーキングと働き方の未来」を読んで

改めて、先日掲載していただいたWORKMILL創刊号の感想を書きたいと思います。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

ページをめくってまず圧倒されるのが、数々の海外のコワーキングスペースの写真です。日本と比べて明らかにスケールが違い、個性的です。入った瞬間に「うわあー!」と声がでてしまいそう。

個人的には、キャラバン(トレーラハウスのようなもの)を自然の中にぽんと置いて仕事に必要な設備を整えコワーキングスペースとしている、オランダのKantoorKaravaanが、とても魅力的に感じました。

KantoorKaravaan | Nature. Your Office.

あくまで写真から判断ですけど、海外には、日本のコワーキングスペースに必須の、自習室のように仕切られたデスクがみられないんですね。また、壁や窓側のカウンター席が少ないです。つまり人に背を向けるようなレイアウトがないんですね。これ文化の違いなんでしょうか。テーブルを同じくしながらも、いろんな人が個々に仕事している、それが当たり前のようなオープンな雰囲気が感じられます。現地に行ってみないと詳しくはわからないですけど。

この「コワーキングと働き方の未来」特集を読んで感じたのは、従来は、ふつうの会社勤めに限界を感じたら起業するかフリーになるかが選択肢だったんだけど、今後は、企業に属しながらコワーキングスペースなどを活用して働き方を変え、得たものを企業にフィードバックしていく。そういうのが、進んでいくのかな?ということ。あくまで「かな?」と、疑問形ですが。企業の中だけではイノベーションが起こりづらい、生き残っていくためにはいろんな人の空気を入れてかきまぜて、新陳代謝を起こしたほうがいい。世界的に企業間交流を促す流れがきているし、そういうことができる、集団にとらわれずさらけだせる人が求められている。そういう状況だそうです。そういう空気、日本でも広がるんでしょうか?だと、いいのですが。


正直、コワーキングスペースに「起業家が増える」「地域活性化ができる」と過剰期待して、ハコつくるだけという日本の現状は、どんだけ周回遅れなんだろうという気分になってきます。

ただ、少しずつ、旅しながら仕事する人も見受けられるようになりました。東京一極集中に疑問を持って、完全リモートワークの会社で働く人もいます。(ソニックガーデンさんとか)そのためのツールも環境もどんどんできているから、不可能じゃないんです。

 仕事するなら、しなきゃいけないなら、できるだけ楽しく仕事したい。それは誰でも同じなんじゃないでしょうか。

働く場所の選択肢の1つとしてのコワーキングスペース。もっと活用してほしいし、どうせなら、日本のどこでもありがちな「おしゃれ、きれい、居心地がいい、IKEA無印良品」または「アンティークづくし」の場所ではなく、海外のスペースみたいに足を踏み入れた途端息を飲むような……そんな個性的な場所を作ってみるのもありかな、と、思いました。ノラヤはまだまだ、個性が足りない。

 

本題とは外れますが、スタンディングデスクの記事も興味深いかったです。(岡村の商品の宣伝でもあるのですが。詳しくはこちらを)たちっぱなし、すわりっぱなし、立ったり座ったりの中では、立ったり座ったりが一番足のむくみが少ないという研究結果があるそうです。私も週に3日バイトで立仕事をし、週に3回ノラヤで主に座りっぱなしなのですが、座りっぱなしだと明らかに足がむくむようになりました。タイマーをセットして時々意識的に立つとか、体の使い方も含め「いろいろな働き方」ができると、いいですね。