仙台のコワーキングスペース「ノラヤ」管理人ブログ

仙台市青葉区、地下鉄北四番丁から徒歩8分のコワーキングスペース「ノラヤ」を運営している人の赤裸々なブログ。

コワーキングスペースは儲かるのか?2017年11月の売り上げ報告

こんにちは、もう12月です。ノラヤは日陰の物件のため、冬は下から冷えが上がってきて、こたつから出られません。ああ、喫茶ビジュウの2階に引っ越したい。

今月の売上報告です。先月は30,250円でした。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

今月の売上は、43,800です。ああ、なんか、久しぶりに、ほっとできる額。昨年の11月以来の大きい金額です。(5月の出張サイエンスバーのあった月を除く)まぁそんでも赤字なんですけど。

先日のサイエンスバーは、うっかり定員をオーバーして狭い中で開催してしまいましたが、なごやかでとても楽しい会でした。

noraya-sendai.net

おそらく大学や研究機関主催のサイエンスカフェではありえないと思うんですけど、参加者としてこれまでサイエンスバーに来ていた方が、今度は講師役をしてくれるという、そういうことがノラヤではあるんですね。今回のひこさん(門傳さん)もそうだし、気象のサイエンスバーをやってくれた森川さんもそうだし。こういうのほんと嬉しいなぁと思う。参加者と講師の仕切りがほとんどない場だからこそ可能なんですよね。今後もどんどん参加者が講師側になってほしいものです。私もやろうかな。お菓子焼きながらそこで起きている現象を解説、とか?

あと、もう一つ売上に貢献した出来事として「特別月額会員の値上げ」があります。特別月額会員とは、ノラヤに蔵書を置いているうちの弟です。「ノラヤがなくなったら本を置く所がなくなる」ということで値上げに同意してくれました。

 

先月先々月よりは気分が明るいです。昨年に比べるとがたっと売上が落ちているのは相変わらずです。

昨年は、1〜3月は管理人息子が受験生のためイベントを控えていました。だから、これから、昨年の売上を乗り越えるチャンスですね。

 

ところで最近「テレワーク」が盛り上がってますね。「テレワークなんて古い言葉だなぁ」なんて思っていたら、どうやら復活してきたみたい。私は「リモートワーク」の方が好きですけど。

仕事する場所なんて家にないよ、だからリモートワークなんてできないよ。そういう人もいると思います。まさに私がそうです。また、一人で仕事する場所があっても一人だとさぼっちゃうよ、家事をしてしまうよ。そういう人もいると思います。まさに私がそうでした。もしもリモートワークする会社でコワーキングスペース利用料(そして交通費)を経費として負担してくれる流れになったら、働く人も嬉しいしコワーキングスペース運営者も嬉しいし、いいことずくめなんだけどなぁ。

WORKMILL創刊号「コワーキングと働き方の未来」を読んで

改めて、先日掲載していただいたWORKMILL創刊号の感想を書きたいと思います。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

ページをめくってまず圧倒されるのが、数々の海外のコワーキングスペースの写真です。日本と比べて明らかにスケールが違い、個性的です。入った瞬間に「うわあー!」と声がでてしまいそう。

個人的には、キャラバン(トレーラハウスのようなもの)を自然の中にぽんと置いて仕事に必要な設備を整えコワーキングスペースとしている、オランダのKantoorKaravaanが、とても魅力的に感じました。

KantoorKaravaan | Nature. Your Office.

あくまで写真から判断ですけど、海外には、日本のコワーキングスペースに必須の、自習室のように仕切られたデスクがみられないんですね。また、壁や窓側のカウンター席が少ないです。つまり人に背を向けるようなレイアウトがないんですね。これ文化の違いなんでしょうか。テーブルを同じくしながらも、いろんな人が個々に仕事している、それが当たり前のようなオープンな雰囲気が感じられます。現地に行ってみないと詳しくはわからないですけど。

この「コワーキングと働き方の未来」特集を読んで感じたのは、従来は、ふつうの会社勤めに限界を感じたら起業するかフリーになるかが選択肢だったんだけど、今後は、企業に属しながらコワーキングスペースなどを活用して働き方を変え、得たものを企業にフィードバックしていく。そういうのが、進んでいくのかな?ということ。あくまで「かな?」と、疑問形ですが。企業の中だけではイノベーションが起こりづらい、生き残っていくためにはいろんな人の空気を入れてかきまぜて、新陳代謝を起こしたほうがいい。世界的に企業間交流を促す流れがきているし、そういうことができる、集団にとらわれずさらけだせる人が求められている。そういう状況だそうです。そういう空気、日本でも広がるんでしょうか?だと、いいのですが。


正直、コワーキングスペースに「起業家が増える」「地域活性化ができる」と過剰期待して、ハコつくるだけという日本の現状は、どんだけ周回遅れなんだろうという気分になってきます。

ただ、少しずつ、旅しながら仕事する人も見受けられるようになりました。東京一極集中に疑問を持って、完全リモートワークの会社で働く人もいます。(ソニックガーデンさんとか)そのためのツールも環境もどんどんできているから、不可能じゃないんです。

 仕事するなら、しなきゃいけないなら、できるだけ楽しく仕事したい。それは誰でも同じなんじゃないでしょうか。

働く場所の選択肢の1つとしてのコワーキングスペース。もっと活用してほしいし、どうせなら、日本のどこでもありがちな「おしゃれ、きれい、居心地がいい、IKEA無印良品」または「アンティークづくし」の場所ではなく、海外のスペースみたいに足を踏み入れた途端息を飲むような……そんな個性的な場所を作ってみるのもありかな、と、思いました。ノラヤはまだまだ、個性が足りない。

 

本題とは外れますが、スタンディングデスクの記事も興味深いかったです。(岡村の商品の宣伝でもあるのですが。詳しくはこちらを)たちっぱなし、すわりっぱなし、立ったり座ったりの中では、立ったり座ったりが一番足のむくみが少ないという研究結果があるそうです。私も週に3日バイトで立仕事をし、週に3回ノラヤで主に座りっぱなしなのですが、座りっぱなしだと明らかに足がむくむようになりました。タイマーをセットして時々意識的に立つとか、体の使い方も含め「いろいろな働き方」ができると、いいですね。

コワーキングスペースは儲かるのか?2017年10月の売り上げ報告

11月になりました。毎月恒例の売上報告です。

報告の前に。

先日、私、プレゼン作ったじゃないですか。その中にグラフがありました。

2016年は2015年と比較して売上が上がっていたのに、2017年は2016年と比較して、売上が落ちているのです。

f:id:sendaiworkspace:20171101165358p:plain

ではどのぐらい売上が下がったかというと*1月平均15,580円でした。2016年の売上月額平均が44,767円だったので、約35%の売上減ということになります。(え?計算合ってる?合ってるよね?数学苦手なので違ってたら教えてください。)

こうして数字で表現すると本当にノラヤはやばいということがわかりますね。ある日突然閉鎖してびっくりさせるようなことがないように、こうして情報を出していきます。親切な運営者ですね。

というわけで本題の売上報告に行きます。

10月の売上は、30,250円です。先月が12,000円という最低売上更新をしたのに比べれば、多いですけど、それでも昨年の売上平均値よりは少ないです。

お店は11日オープンしまして、うちお客様が来た日は6日。相変わらずオープンしても半分は、誰も来ない日ということです。

なんで売上下がったんだろうと考えて、先日の宴会ではその考察もしたのですが、一番大きな理由って実はサイエンスバーを2回しかやってないからじゃないか……。2016年は7回やってます。うーん、いろいろめんどくさくなってしまってサボってました。すみません。

 

 

*1:5月は小波先生のサイエンスバーがあり特別伸びたので除きました

ノラヤ4周年記念宴会しました

10/28(土)に、ノラヤ4周年記念宴会を開催いたしました。はい、10/10に晴れてノラヤは4周年を迎えました。ぱちぱち。

今回の参加者は管理人含め9人。ノラヤのいつもの状況ですが、職業も年齢もみんなめっちゃくちゃバラバラでいろんな人が集まりました。

続きを読む

盛岡で2ヶ所コワーキングスペースに行ってきた

先日帰省の途中で岩手県盛岡に寄り、2ヶ所のコワーキングスペースに行ってきました。

1か所目は、盛岡の川村さんが運営している「コワーキングスペースもりおか」 。

川村さんは私と同じく、個人でスペース運営をしています。助成金など受けず、うしろだてもなく、お金もたくさんあるわけではなく……でも、コワーキングスペースについては日本における黎明期からずっと勉強している方です。

盛岡にコワーキングスペースを作るんだという一念で、これまで何ヶ所か場所を変えコワーキングできる場を作り、私も3回にわたり訪問しています。

  

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

現在はとあるビルの一階にスペースを構えています。こちらです。

 

f:id:sendaiworkspace:20170929132252j:plain

f:id:sendaiworkspace:20170929132306j:plain

「広くていいなぁ……」が、第一印象。ノラヤの倍の広さです。

「なんすかーこれ、テント張って暮らせるじゃないですか」

などと、自分基準で見てしまう私。

「でも私はノラヤぐらいの広さのほうがいいですよ」

と、川村さん。

複数の広い机、ホワイトボードもあるし、当然電源とWifiもあります。設備上のいろいろな制限もありますが、デスクワークには問題ないかんじ。

f:id:sendaiworkspace:20170929132341j:plain

定期的に異業種交流Jellyも行っています。無職の方はそれを証明できれば無料、という仕組みもあり。すごいなぁ。残念ながらノラヤはそこまでできない……です。やはり川村さんの信念があるからこそできるのだと思います。

発達障害の方が集まるイベントもあるそうです。

コワーキングスペースもりおかのウェブはこちら。

co-morioka.jimdo.com

Facebookで頻繁に情報を更新されています。

ところで私はこの日、誕生日だったのですが、川村さんにケーキごちそうになりました。綺麗な抹茶のケーキ。美味しかったです!ありがとうございました!

f:id:sendaiworkspace:20170929133919j:plain

 

そしてスマホの充電とPC作業のあと、次の目的地へ……

 

次はこちら。「コワーキングプレイスArukoko」さん。

arukoko.biz

「コワーキングプレイス」って初めて聞きました。全国で「コワーキングプレイス」と名乗っているのはここだけのようです。なぜこのような名前なのか、機会があったら聞いてみたいです。

こちらのサイトはまだ工事中が多いようなので情報はFacebookを見たほうがいいかも。

Arukokoさんは、数日前に利用予約をして解錠の手順をメールでもらいます。リクルートIDがあるとべんり。)ふらっと利用できないのは不便かもしれませんが、一人でスタッフが店番する場合この仕組みは安心かもしれませんね。

場所はアーケード街のある中ノ橋のビルの二階。あとで気づいたんですが、以前うかがったフキデチョウ文庫のすぐ近くですね!

f:id:sendaiworkspace:20170929141822j:plain

 

二階にあがり、ここが入り口です。スマホから解錠手続きをするとドアが開きます。

f:id:sendaiworkspace:20170929141859j:plain

コンクリート打ちっぱなしのひろびろとしたスペースです。蛍光灯に覆いを被せて光を柔らかくしてます。

一人、月額会員さんが作業していました。

本もいろいろあります。テーブル、ハンモック。

f:id:sendaiworkspace:20170929142156j:plain

奥はセミナーができる黒板つきのスペース。

f:id:sendaiworkspace:20170929142208j:plain

ライミングウォールがある……下にマットしかなきゃ。

f:id:sendaiworkspace:20170929142201j:plain

ここのエリアは床が木材です。でこぼこしてるのがおもしろい。

f:id:sendaiworkspace:20170929142153j:plain

オーナーさんは不在だったのでパンフをいただきました。

f:id:sendaiworkspace:20170929143548j:plain

・人と比較しない。

・人を非難しない。

・ネガティブ発言はしない。

うわー、刺さります!すみませんっ!

Facebookを見るとすでにたくさんイベントを開催されているようです。

「予約は必要ですが、いろいろな方に気軽に利用してほしい」とスタッフの方は語っていました。

 

盛岡に今あるコワーキングスペースは、この2ヶ所のようです。

 

川村さんとも話したんですが、WeWorkなど大きい所が入ってきてシェアオフィスなのかコワーキングスペースなのかわからないけど、どかんと全国の主要都市に展開されると一体どうなるんだろうと、やっぱり思いますね。

ただ、仙台に限らず、立派なちゃんとしたスペースが気がつくと閉鎖してしまう事例をみるにつけ、結局限られたガチなレジェンドコワーキングスペースと、ゆるふわな変なところが生き残るんではないかと思っています。

まぁ、根拠のない楽天さがないと、スペース運営なんてできませんね。

コワーキングスペースは儲かるのか?2017年9月の売り上げ報告

毎月恒例のブログです。

今月は、ついに最低売上*1を更新してしまいました。2017年9月の売上は12,000円です。

今月はイベントがなく週3日、11日オープンし、ドロップインだけの収入でした。11日のうちお客様がいらっしゃったのは5日。利用者は6人です。

 

イベントないと、厳しいっすねぇ。

10月は4周年記念宴会をはじめ、いろいろあるので、9月よりはましかと思いますが。

 

*1:2014年からのデータ

「WORKMILL」にノラヤが載ってます!

とりいそぎお知らせです。

先日、メール取材を受けまして、新創刊のこちら「WORKMILL」にノラヤを紹介していただきました!

WORK MILL:Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)2017年11月号別冊

WORK MILL:Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)2017年11月号別冊

 

なんと、国内のコワーキングスペース紹介の項で、東北以北で掲載されているのがノラヤだけなのです……

東北以北代表!そんな!それは申し訳ない。

でも、記事を作った方の気持ちもわかります。だって、ふつうのコワーキングスペースがいっぱいある中、やっぱりちょっと変わったところを紹介したくなりますよね!

ぶっちゃけお金さえたっぷりあれば誰でも、コワーキングスペースはオープンできるし運営もできます。でも、変なスペースは誰だって作れるわけじゃないですからね!胸を張って自慢しますよ。運営継続はやばいですけど。

で、他の記事はまだ全然読んでません。すみません。でも、文章たっぷりの読み応えある雑誌なんです。入山章栄さんや北海道大学のコワーキング研究グループなど、私が注目している方々が登場していて、おっ、って思ってます。いわゆる「コワーキングといえばこの人」ではなく、学術的視点からのアプローチはなかなか表に出てこなかったので。じっくり読んで感想書きます。

こういうところに寄稿できるくらいになりたい。そのためには、もっと情報発信しないとですね。

ずっとやるやる言ってる、コワーキングスペース運営によって蓄積したノウハウの発信、やらなければ。