仙台のコワーキングスペース「ノラヤ」戦う管理人

仙台市青葉区、地下鉄北四番丁から徒歩8分のコワーキングスペース「ノラヤ」を運営している人の赤裸々なブログ。

コワーキングスペースは儲かるのか? 2019年3月の売上報告

2月はサイエンスバーで盛り上がったんでしたね。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

3月は売上すごく低いです。

2019年3月の売上は、18,000円です。1月の18500をさらに下回りました。

オープン日は11日だったけど利用者があったのは4日。

個人的なイベントが週末にいろいろとあったので、3月はのんびりモード。確定申告もあったしね……

 

関係ないですが、ノラヤでBGM流しているBOSEのワイヤレススピーカー、充電しはじめてしばらくして「ほぺ。ぺほ。ぽへ。ぺほ…ぽへ。…ぺほ」って、しゃべるようになりました。「充電開始」の音と「充電終了」の音が繰り返されるんですが、間隔が不定期なんですよね。バッテリーが逝っちゃいましたかね。ノラヤが始まる前、Sendai Jelly!の頃から使っていますからねぇ。あれが2012年だからもう7年。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

音はもちろんいいので、なんとか捨てずに使いたいのですが。

仙台のコワーキングスペース事情2019年3月版

年に一回くらい更新する、仙台のコワーキング事情です。

約一年前はこんなかんじでした。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

で、現在はこうです。

 f:id:sendaiworkspace:20190401125038p:plain

ノラヤはもう閉店した扱いにしちゃってますけど。2016年ほどではないにせよ、2018年も大きな動きがあった年でしたね。

やはりenspaceのオープンが大きかったですね。なんてったってenspaceができてから、仙台のIT系勉強会、各種ビジネスセミナー、ほとんどenspaceでやるようになっちゃってますから。仮眠室まで作っているのだとか。すごいっすね。オープン当初は立地がいまいちだなーと思ってましたが、できてしまうと気にならなくなってくるんでしょうね。先日、初めて訪問してそのホスピタリティに感激しました。いきなり仙台の地にぐわーっと入りこんで、地元コミュニティが「えっ?」って驚いている間に圧倒的な存在感を示しました。

www.enspace.work

そうなると、すでに仙台にあるコワーキングスペースが苦戦することになりそうです。かつてenspaceと同じ「東北最大級」を掲げていたcocolinは2018年に五橋に移転し、運営体制も少し変わったようです。相変わらずドロップインなしの月額会員のみですが、「お試し利用」や「会議室無料」などのキャンペーンを打ち出していました。最近はtwitter以外で発信されてないようなので、ちょっと状況がわかんないですね。ソシラボはマイペースのようです。マッサージやランチ会などでがんばっているみたいです。THE6は独自の人脈が幅広く、安定しているようです。INTILAQは起業っぽいイベントの場として定着していますが、こちらもスペース運営以外にもいろいろやられているので安定しているようです。

2018年はまず、M's Houseという学生さん主体のスペースができました。今はテナントを出て休業中のようです。営業中はそれなりに賑わっていたようです。(そういえば私を呼んでセミナーという話は……まあ、必要なかったですね)

mshouse-tohoku.com

また、ZITEKI BASEというスペースもできました。こちらは「仙台には、シェアオフィスとは名ばかりのただ仕切られただけの事務所空間…コワーキングスペースとは名ばかりの安っぽい机と椅子が置いてあるだけの場所…本当にこんなシェアオフィスしかありません。」と盛大に既存スペースをdisりオシャレな場所を作ろうとcampfireをはじめましたが…(リンク先を見てください)…でも運営会社の資金が潤沢にあるようで、オシャレなスペースができ入居者も入って順調のようです。

ziteki-base.com

2019年は、前にもネタにしましたが、ついにARROWSSSが4月にオープン予定です。宮城野区の萩野町という、近隣住民でなければ「え?どこ?」というような場所に、一戸建てで新築で作ってしまった。私はかつて近くに住んでいたので、「あー……あのへん」ってかんじです。主催の人は「仙台をフリーランスの聖地に!」と勢い込んでいます。

arrowsss-sendai.com

 

一方で、「会社を辞めたので事務所が欲しくて」という人からは、リージャスの運営するオープンオフィスの名前が出てきます。

5月には丸紅グループの運営する「M-LABEL」ができるみたいですよ!電力ビルの斜向かいの、時々名前の変わるあのホテルの建物みたいですね。

m-label-sendai.jp

 

私はノラヤを閉めますが、こういった仙台のコワーキング関係の情報はこれからも追っていくつもりです。

コワーキングスペースは儲かるのか?2019年2月の売上報告

f:id:sendaiworkspace:20190301162229j:plain

2月はあっというまに終わりますねぇ。

売上報告をします。1月の売上は18,500円でした。(うち店舗売上3500円)

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

2月の売上は、63,500円でした。

店舗利用つまりドロップインの売上は2,000円。サイエンスバーの売上46,500円なのでほとんどサイエンスバーのおかげです。さらにサイエンスバーは今回、参加者が多いため別会場を借りたりしたので、経費がかかっています。利益率25%くらい。

 

今回のサイエンスバーは、いつもどおりノラヤで開催する予定だったのが、募集当日に定員に達してしまい、悩んだ挙げ句、レンタルスペースを借りて開催しました。jam(Jozenji Atrier Meet)は、広くてキッチンもありしかも破格。たいへん良かったです。飲食物持ち込みOKで、夜22:00まで使えるスペースって仙台では少ないです。助かりました。

supenavi.com

 

以前、場所を借りて行ったサイエンスバーでもいろいろ大変な思いをしたので、今回とにかくすばやく撤収できるかどうかが気がかりでした。参加者の皆さんにも協力を仰いだところスムーズに片付けることができました。ありがたかったです。

あと、今回は企画段階から複数の人がかかわり、スライド内容から進行なども事前にきっちりディスカッションして、いつもの「すべて講師におかませ、あとは当日、なるようになれ!」という私一人の運営よりすごくちゃんとしていて、私も安心して裏方に徹することができてよかったです。

運営にかかわってくれた友人の大さん、古川さんの友人の森さん、ありがとうございました。

 

ノラヤ閉店まであと4ヶ月、連休も挟むので多分あっという間です。まだまだこの大量の荷物をどうするか悩んでいます。

ノラヤを2019年6月いっぱいで閉店します。

すでにSNS等では告知済みですが、ノラヤを閉店することにいたしました。

Facebookに書いたことですが再度こちらでも。

2019年6月一杯くらいを目処に、コワーキングスペース「ノラヤ」を閉店することにいたしました。
2013年10月から5年、多くの方々に暖かく見守られ、ほそぼそと続けておりました。大変お世話になりました。
「えっ閉店!行きたかったのに!」という方、まだ間に合います。今後もダラダラと、管理人が倒れない程度に閉店まで営業します。がんばりません。よろしくお願いいたします。

……というわけです。

幸か不幸か、「ノラヤがなくなったら困る!やめないで!」という声は一つもありません。まぁずっと前から、ここで赤字垂れ流し報告はしていたわけだし、○周年のたびに「来年は持つかどうか…」と言っていたので、どちらかというと、「いずれ潰れると思っていたけど、思ったより持ったなぁ、はっはっは」というのが長く見守ってくれていた方々の感想だと思います。

管理人としては、重荷が降りてとてもすがすがしい気分です。

今後は、こちらのnoteでいままで蓄積した運営のノウハウや、辞めるからこそ言えること、辛かったこと、嬉しかったこと、今だから言えるあの事件の真相、などを、一部有料で綴っていきたいと思います。

note.mu

 

お店をたたむというのは、開店するよりもっともっと大変なことです。どうすんだ、この荷物……

そもそも借家の自分の家が狭すぎるため置いていたものもあったというのに。

5月になったら、フリマみたいに不要なものを持ってってもらうイベントをやりたいです。

コワーキングスペースは儲かるのか?2019年1月の売上報告

f:id:sendaiworkspace:20190201155308p:plain

2019年になりました。

2018年の12月は史上最高売上でした。

 

sendaiworkspace.hatenablog.com

 

1月はどうだったでしょうか。

2019年1月の売上報告をします。18,500円です。前月比、マイナス49,000

ちなみに15000円は弟が本置き場にしている代金なので、店舗売上は3500円です。

しかしこの売上の低さは妥当です。

イベントも何もしてないので。

 

2月はサイエンスバー、たこ焼きがありますので、ちょっと大変。でもがんばります!

夜の自習室をお休みにします

1年ほど大体月に2回のペースでやってきた「夜の自習室」ですが、2/2(土)の実施を持って休館、つまり開催をやめることにいたしました。

理由は、運営する管理人の肉体的負担が大きいこと、そして収入が少ないことです。

簡単に言うと、「夜が苦手なのに無理してノラヤをあけるのは、割に合わない」ということです。

 

夜22まであけて、片付けて、帰宅すると23時。寝る時間はどうしても翌日になります。普通の人はこれでなんの問題もないかもしれませんが、私は長年の朝方生活で遅くても5:30には目が冷めます。睡眠不足です。

個人的な話ですが、今年は一層健康に留意しようと思っていて、その中でも自分がないがしろにしてきた「睡眠」はなんとかしなければと思っています。

また、夜オープンのために息子には1人でご飯を食べてもらうことになります。夕食の時間は数少ない親子のコミュニケーションの時間です。あまり犠牲にしたくない。

イベントを開催した場合は、夜遅くてくたくたでも、睡眠不足でも、それなりに収入があります。

ですが、夜の自習室は、ドロップインと同じ利用料です。17時から22時まであけて、収入が0〜1500円です。

ノラヤの場合、昼間オープンしていてもドロップインの人はほとんどいません。でも、昼間は私は普通に起きている時間帯ですから、肉体的負担はありません。でも夜は、だめです。ノラヤにいるのが辛くなります。なにをしているってわけではないのに、いるだけで、眠くなって、22時にはぐったり疲れて終わります。夜オープンの日は、夜に備えて昼寝をするようにしているのですが、それでもだめです。

結局、肉体のリズムが狂うようなことはしちゃだめなんですねぇ。

ノラヤは「管理人が倒れない程度に」運営するのを第一としてきています。すみませんが、ご理解のほどお願いいたします。

 

ところで、夜の自習室をはじめた当初は4人、5人と来ていただきました。「これはニーズがある!」と思いましたが、やがて利用者は多い時で3人、平均して1人〜2人となりました。

よく、twitterなどでコワーキングスペースに対し「夜遅くまでやっていたらいいのに!」「夜やってないなんて使えねぇ」という声を聞きます。

でも実際あけると、こういうわけで、とてもじゃないけど採算とれない人数しか人が来ないのです。

夜のニーズはあるのでしょうか。私は、この夜の自習室の経験から「ない」と判断します。最初の来客数の多さは、珍しさとご祝儀的なのもあったのでしょうね。

参考までに。これまでの来店者数グラフです。

f:id:sendaiworkspace:20190125135351p:plain

 

仙台で一番素敵なコワーキング……

今日、ノラヤに来たら、こんな封書が。

f:id:sendaiworkspace:20190111162614j:plain

 

仙台で一番素敵なコワーキング…!!

送り主は、佐谷恭さん。

元、PAX Coworkingのオーナーさん、そして伝説のパクチー料理専門店パクチーハウスを作った人です。今も精力的に活動していらっしゃいます。

f:id:sendaiworkspace:20190111162618j:plain

 

以前、「89の証言集」という本を出されて私も寄稿しました。そのリターンの「パク塩」だったのですね。

 

89の証言集: 89人が綴るパクチーハウス東京の真実

89の証言集: 89人が綴るパクチーハウス東京の真実

 

 

このブログでは何度も書いてるんですが、そもそも私が「コワーキングスペースって面白い!仙台にも欲しい!」と思った原体験が、6年前のPAX Coworkingでの勉強会です。
sendaiworkspace.hatenablog.com

 

だから特別な思い入れがあるんで、それを「89の証言集」に書きました。よかったら読んでください!

それにしてもその佐谷さんから、ノラヤを、「仙台で一番素敵なコワーキング」と言っていただけるとは……

なんだか申し訳ないようなくすぐったいような痛いような、でも、褒められたんだと思って素直に喜びます!

ありがとうございます!

 

佐谷さんの最新刊は「『ありえない』をブームにするつながりの仕事術」。

私もまだ読んでません(すみません)。読みます!

 

佐谷さん、ありがとうございました。

いただいたパク塩はノラヤのイベントで使うほか、3月のマラソンの塩分補給にします!