読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台のコワーキングスペース「ノラヤ」管理人ブログ

仙台市青葉区、地下鉄北四番丁から徒歩8分のコワーキングスペース「ノラヤ」を運営している人の赤裸々なブログ。

コワーキングスペースは突っ込みどころ満載のほうがいいような気がする件について

このブログはコワーキングアドベントカレンダー2013に参加しています。
12/5担当の松田顕さんからバトンを受け取りました。

ノラヤを運営して約2ヶ月。
思うに。
コワーキングスペース運営者として私ほど合わない人もいないなーと思います。コミュニケーション力ないし、カリスマ的存在でもないし、バックとなるコミュニティもないし、お金もないし、家庭があるので夜や土日は動けないし、連日オープンすると疲れるので週3しかオープンできないし。
場所もかなり変ですよね。仙台駅から離れてるからまず人は来ないし。狭いし。オシャレな家具もないし。
でも、こういう突っ込みどころや隙がいっぱいあるほうが、いいんじゃないか。
実はその空いてるとこに人が入ってくるんじゃないか。と、最近思うようになりました。
前にも書きましたが、ノラヤにはいろんな人が「これ使ってください」と物を持ってきてくれます。◯◯欲しいな、とFBに書いたら提供申し出ていただいたこともあります。ほんとに、ありがたく日々使わせていただいてます。(この恩恵をノラヤだけで享受するのは忍びないので、物々交換所も始めました。)

あと、コワーキングスペースってイベントたくさんやってそれで稼ぐようなこと良く言われるんですけど、ノラヤは管理人が動けないので全然やってないんですよ。そういう話をして「イベントやりたいけどー土日や夜はなかなか私動けないんですよねーうーん」って言ったら「じゃあ平日昼間でもいいじゃないか」って提案してくれる方がいて、ですね。こんなイベントが決まったり。管理人がある程度情けないほうが、助けよう、手伝おうと思ってくれる素晴らしい人達が集まってくれて、質の良いコミュニティができるんじゃないか!?などと、それはもう、大変ありがたく思っています。
そんな隙だらけで突っ込みどころ満載で穴だらけの「ノラヤ」でございますが、これからどうなるのか。もしかしたら奇跡が起きて儲かるかもしれない。でも、どんな時も、手を差し伸べてくれた人たち、助けようとしてくれた人たちのことへの感謝を忘れず、ありがたく思いながら運営していかなければなぁ、と思うのでした。あと、隙は塞がないようにしとこう、誰かの入り込む余地は残しとこうと思います。
というわけで、たいへん前向きなことを書いてみました!ああ、10分で考えて5分で書くルールなのに!45分もかかってしまったっ(笑)。
全国のコワーキング関係者のみなさま、コワーカーの皆様、どうぞよいクリスマスをお迎えください!ノラヤは前述の通り昼間からビールクズやってます(笑)


明日は、広島の「Coworking Space Shake Hands」の市川育夢さんです!